調剤薬局の頭痛の原因に関する解説するサイト

鎮咳薬について

鎮咳薬の中には、麻薬成分の「リン酸ジヒドロコデイン」という物質があり、これは、ブロン液(エース)が有名です。

 

(他の製品にも含まれています。) どの製品も用量を守って服用すれば問題は、無いのですが、一度に過量に服用した場合は、中毒症状を起こし、やがては薬物依存にもになります。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものではなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

1本で用量を守って服用した場合2日〜4日分あります。 1本以上、服用されても咳が止まらない場合は病院へ行くことをおすすめしてください。

 

鎮咳薬では「エスエスブロン液エース」「アネトンせき止め液Z」「コンタックせき止め」などTVのCMなどで有名なものがあります。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸