頭痛の原因に関する解説するサイト

咳の原因

咳の原因には日頃経験することの多い風邪以外にも様々なものがあります。呼吸器疾患とそれ以外に大別して考えるとわかりやすいでしょう。
まず呼吸器疾患ですが、一番多いのは急性上気道炎(いわゆる風邪)でしょう。くしゃみ、鼻水や発熱、のどの痛みとともに咳がでて数日から数週間以内で自然に治まり、かつ全身状態が良好なら風邪による咳の可能性が高くそれほど心配はいりません。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

しかし咳が3週間以上続いたり、短い経過でも重篤感がある場合は肺炎や肺結核などの肺疾患の可能性も考えなければなりません。肺癌、塵肺、肺気腫、肺化膿症、肺吸虫症などそれ以外の肺疾患でも当然咳は出ますし、気管支炎、喉頭炎、胸膜炎など肺以外の呼吸器感染症による咳も比較的よくみかけます。
また気管支喘息、咳喘息、アトピー咳などアレルギーが関係した呼吸器疾患もあります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものではなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

とくに咳とともに喘鳴が見られる場合は咳の誘因となるものがないか注意するとよいでしょう。なお気管や気管支に限局した炎症や腫瘍は通常の胸部レントゲンでは異常を示さないことも多く、咳が長期につづくのにレントゲンで病巣がみつからない病気として診断に苦慮することがあります。この場合は喀痰検査やアレルゲン検査、気管支鏡、肺活量検査、CTなどの検査が必要となります。

 

薬剤師国家試験