調剤薬局の頭痛の原因に関する解説するサイト

危険な病気の前兆である頭痛・咳

くも膜下出血の発作を起こした人の多くが、前触れである前兆症状を経験しているといわれています。前兆として最も多くみられるのが『頭痛』です。
発作の直前に起こるので、見落とさないようにしたいものです。くも膜下出血の前兆症状としてあまりにもよく起こるので、「警告頭痛(ワーニングへデック)」といわれています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

程度はさまざまで、「これまでにないような頭痛があった」という方もいれば、なにげない「軽い頭痛」だった方もいるようです。また、「頭が重い」「後頭部が痛い」などの場合も気をつけてください。 頭痛の原因は、未破裂動脈瘤(脳内できた異常なコブ)からの小出血や、未破裂動脈瘤による周囲の脳神経への刺激などが考えられます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものではなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

また夜に眠りに入ろうとしたときに咳が頻繁に起こる人、咳が続く人は健康診断の胸部レントゲンだけでは異常が見つかりにくいです。咳を伴う病気は種類が多く、風邪やインフルエンザ、気管支炎や気管支喘息、肺炎や肺癌、会社員に流行っている百日咳などもあります。実は咳の回数や継続時間だけでは、専門医でも病気を判断することは困難です。気になる人は病院で痰を取ってもらいましょう。気管内部の粘膜から分泌液から感染症、血が混ざっていれば腫瘍の可能性もあります。気をつけてください。

 

ドラッグストア