調剤薬局の頭痛の原因に関する解説するサイト

治療法

月平均して日常動作が半分以上できなくなっていると感じる場合は予防のために薬を内服したほうが良いでしょう。現在では塩酸ロメリジン(ミグシス、テラナス)が第1選択になります。エルゴタミン製剤であるジヒデルゴットも以前は予防に使われましたが,吐気がでることもあり,今では予防には役立たないということが分かってきました。その他抗けいれん剤、βブロッカー、抗うつ剤などが使われますが、最近特に選択的にセロトニンの血中濃度を上げる作用をもつSSRIが注目されています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

これはもともとうつの治療薬として開発されたものですが、セロトニンを増やす作用があり片頭痛の予防薬としても用いられます。予防薬をいつまで続けるかは、特にきまりはありませんが、大体2〜3ヵ月を目安として終了することが多いようです。また急に痛くなった時の治療法としては症状が軽い頭痛のときには普通の痛み止め(消炎鎮痛剤)が効果があるようです。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものではなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

ガンガンする痛みのときには2000年より日本でもやっとトリプタン製剤という特効薬が使用できるようになり、注射と点鼻ではスマトリプタン、飲み薬ではスマトリプタンとゾルミトリプタン、エレトリプタン、リザトリプタンという4種類が使用でき、片頭痛の7割程度に効果的です。ちなみに各製剤は作用が若干異なり、イミグランの注射や点鼻の方が速効性という結果が出ています。またエルゴタミン製剤とは同時に内服しないように注意が必要です。

 

薬剤師国家試験