調剤薬局の頭痛の原因に関する解説するサイト

頭痛と遺伝

頭痛は家系内発症例が多く、親兄弟や親族の間で形質を比較する連鎖解析により、いくつかの連鎖領域が報告されています。「前兆のある頭痛」と「前兆のない頭痛」は共に家族集積性が認められ、それらの発症には遺伝因子の関与が大きいようです。双子研究による一卵性双生児と二卵性双生児の疾患一致率は、 「前兆のある頭痛」ではそれぞれ34% と12%、「前兆のない頭痛」ではそれぞれ28% と18%となっています。前兆の有無によらず一卵性双生児の方が二卵性より一致率が高いことは、発症における遺伝因子が存在することの証拠となります。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

頭痛発作のトリガーになる要因としては、遺伝的因子(素因)と環境因子(誘因)があります。頭痛は複数の環境因子と遺伝因子が重なって発症するようです。遺伝子は、環境的トリガー、すなわち外的因子(天候の変化、運動、飲酒、光・音・臭い刺激など)や内的因子(ホルモン・睡眠習慣・心理的な変化など)に対する感受性に関与しています。分離解析の結果から、頭痛は複数の遺伝子の構成が関与して発症することが示唆されています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものではなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

ちなみに高血圧や糖尿病などの生活習慣病も多因子疾患と考えられています。患者対照関連解析によって患者集団内で正常対照集団内より頻度の高いアリル(対立遺伝子)を見つけることができます。このアリルが存在する遺伝子が疾患感受性遺伝子であり、その同定により、疾患発症の機序や他の発症因子との関係の解明が期待されます。

 

薬剤師国家試験