調剤薬局の頭痛の原因に関する解説するサイト

頭痛と猫背の関係

基本的に筋緊張型頭痛をはじめ慢性的な頭痛を起こす大きな原因は、姿勢骨格の悪さなどに基づく頭部から首肩にかけての筋肉の過剰な緊張にあります。
最近はデスクワークで長時間パソコン作業をする方のほうが圧倒的に多く、また、電車に乗っている時や歩行など移動中にも携帯でのメールやゲーム、インターネットをする方が多く、常に猫背姿勢で画面を見ていることが影響した、頭頚部が前方突出した独特の猫背(IT猫背)の方が急増しています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

IT猫背は、後頚部から肩で頭部を支えることとなるため、後頭部から首肩への負担が大きく、筋肉が固く緊張したままになりやすいのです。そのため首肩部痛や慢性頭痛、目の神経(視神経)を支配する後頭部への血行不良が生じ目の疲れの原因になります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものではなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

IT猫背は、後頚部から肩で頭部を支えることとなるため、後頭部から首肩への負担が大きく、筋肉が固く緊張したままになりやすいのです。そのため首肩部痛や慢性頭痛、目の神経(視神経)を支配する後頭部への血行不良が生じ目の疲れの原因になるのです。
また、自宅でゆっくりくつろぐ時や、就寝前に本を読む場合など、ついついやってしまいがちな姿勢があります。うつ伏せで本を読む、横向きに寝転がり、片方の腕で頭を支える姿勢など背骨の首の部分にも負担がかかりやすく、習慣になると緊張性頭痛の原因をつくってしまうかもしれません。

 

薬局